弊社の取り組み

安全パトロール中 子供見守り隊」のマグネットシート200枚を早島町に寄付いたしました

早島町の広報誌に掲載された記事です

前作業員に救急救命講習を受講させ、AED機をゴミ収集車に各1台づつ搭載しました

AED(自動体外式除細動器)とは、突然、心臓の筋肉が痙攣状態となり血液をながせなくなる状態「心室細動」に陥ったとき、心臓に電気ショックを与えて心臓を正常なリズムに戻すための機器のことで、近年、駅やデパートなど人が多く集まる場所で設置が進んでいます。

街の施設では役場、ゆるびの舎、早島小学校、早島中学校に設置が完了し、万が一の除細動(痙攣を止めること)が救命の鍵といわれる心室細動治療に備えようという取り組みが各所で進んでいます。

活動詳細

倉敷市消防局

救急救命活動について

倉敷市消防局における、救命スタッフ常駐認定施設の認定を受けております。

走行中や回収作業時、突然のアクシデント等に出くわすかもしれません。その際、救急車が到着する数分間に生死を分ける場面で私達が取れる対応は何か?を常に考えています。

弊社ではスタッフに応急手当等の訓練、教育を行い救命スタッフ常駐認定施設の認定を受けております。

安全パトロール

安全パトロール 子ども見守り隊の活動

弊社では、回収作業時に作業車に左記のステッカーを貼って作業を行っています。

回収作業時は常に周りに目を配り、不審者等あれば速やかに通報します。
安全パトロール

AED(自動体外式除細動器)を回収作業車に搭載しています

AED(自動体外式除細動器)とは?

心臓が痙攣し血液を長洲ポンプ機能を失った状態(心室細動)になった心臓に対して、電気ショックを与え、正常なリズムに戻すための医療機器です。

弊社はこれを回収作業車2台に搭載し、運転手及び作業員については、全員が普通救命講習を修了しております。